Navi-Radar.com カーナビ、レーダー探知機の比較サイト、価格比較、激安検索 Home navi Radar link

 ハルカ流レーダー探知機用語集 

英数 あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

 英数 
350.1MHz
 取締現場でよく使われてる無線の周波数。取締無線とも言う。
 ハルカの感覚ではカーロケ署活系無線デジタル無線もガセが多いけど、この無線をキャッチした時は近くで取締をしてる確率が比較的高いです。
 もちろん誰かが捕まる時にしか発信されない無線なので、キャッチすることもなく取締現場に到着することもしばしば。
GPS
 衛星からの電波をキャッチして自分の位置がわかるシステム。
 この機能の付いているレーダー探知機は、メモリに蓄えられたオービス取締りポイントとかを近くにきた時に教えてくれる。
Hシステム
 レーダー式オービスよりも少しだけレーダーをキャッチしにくいオービス。でもそのかわり、本体がでっかく車線上にあるのでわかりやすい。
 写真撮影したデータは専用回線で警察署に送られるのでフィルム切れでセーフになることはないです。
JH無線
 JH、つまり日本道路公団の人が使ってる無線。
 コムテックの一部のレーダー探知機にキャッチできる機能が付いてる。
Kバンド
 今のところ速度取締に使われてないレーダーの周波数のこと。
LHシステム
 Nシステムによく似てて、カメラもストロボも小さい上にレーダーを発信しないオービス
 わかりにくいけど、速度警告板はあるし、GPS付きレーダー探知機ならメモリにある分は対応できます。
 速度の測定はループコイル式でフィルム切れはなし。
muPass
 携帯で専用サイトからダウンロードした着メロを対応チップを積んだ機械(家電、カーナビ、レーダー探知機など)に転送して、その着メロをならすことができるようになるサミーが始めたサービス。
 ユピテルの一部のレーダー探知機が対応してます。
Nシステム
 自動ナンバー読み取り機。犯罪調査に使われてます。
 現在では速度取締には使われてませんが、距離の離れたNシステム間を通過する時間で平均速度を出して取締をするアイデア(特許?)もあるそうです。
 旧型はHシステムに似てて、現行はLHシステムに似てるので少し紛らわしい。
NHシステム
 今のところは速度違反の取締には使われてはいない、速度測定もできるNシステムの一種。
SA/PAボイス
 高速道路上のサービスエリア/パーキングエリアに近づくと案内してくれる機能。案内看板見てたらわかることだし、一般道走ってても教えてくれるってのはどうかと。
 コムテックの一部のレーダー探知機に付いてる。
Tシステム
「○○まで○○分」って感じの表示を出すために通過する車のデータを集めるシステム。NシステムLHシステムに似てる。
Xバンド
 速度取締に使われるレーダーの周波数のこと。レーダー探知機はこの周波数のレーダーをキャッチして警報を鳴らしてくれます。
W.I.D.E(ワイド)無線
 警察版の携帯電話みたいなもの。
 コムテックの一部のレーダー探知機にキャッチできる機能が付いてる。
このページの一番上へ

 あ行 
青バイ
 白バイほどはゴツくない青いバイクに乗った警察さん。
 ひったくりとかの犯罪対策で導入されたそうです。
居眠り防止機能
「最大音量でランダムに居眠り注意と音声案内を発動する事により睡魔からドライバーを守る機能」だそうです。
マルハマの一部のレーダー探知機に付いてる。
移動オービス
 オービスを仕込んだワンボックスカー。
 路肩やバスの停留所に止めて写真撮影をしてますので、あやしい白いワンボックスがいたら、移動オービスかもしれません。
 速度計測はレーダー式と光電管式があるそうです。
オービス
 制限速度を大きくオーバーして走る車を自動で写真撮影する機械。
 一説には免停速度以上でないと光らないって話ですが、京都と滋賀の間の某峠道にあるオービスは15km/hオーバーで光って、呼び出しも受けたって話も聞いたことがあります。
 正式名称は「速度自動監視機」なのかな?正式名よりも「オービス(3)」って商品名が有名になっちゃったみたいです。
 撮られたら目の前が真っ赤になるくらい強烈な赤いフラッシュがたかれるそうで、タバコの煙までくっきり写るそうです。
オービス制限速度ボイス
 オービスのある地点の制限速度をあらかじめ教えてくれる機能。
 スピードが出すぎてると「危険です。スピードを落として!」って注意してれる。
 セルスターの一部のレーダー探知機に付いてる。
このページの一番上へ

 か行 
カーロケ(カーロケーターシステム)
 一部の警察車両に積まれてる警察本部に現在位置を教えるシステム。
 カーロケ対応のレーダー探知機はこの通信無線をキャッチして、近くに警察車両がいるかどうかを知ることができます。
 ただそもそもカーロケを搭載してない警察車両も多く、最近は新型のキャッチできないカーロケの導入が進んできてるという話もあります。ハルカの近所でも京都ではカーロケをキャッチできますが、新型が導入されていると噂されてる大阪ではさっぱりです。
外部GPS対応
 一部の高級車は赤外線をカットするガラスが使われてますが、そんな車ではGPSやレーダーの受信感度が落ちるそうです。
 なので、そんな車の場合はGPSアンテナを別にして外に置けるセパレートタイプを選ぶのがベストなのですが、マルハマの一部のモデルでは別売りのGPSアンテナを付けて対応することができます。高いけど。(21000円)
簡易セキュリティ
「夜間の駐車中、前後のLED点滅で簡易的な威嚇動作を行うことができます。振動を検出した場合はTRAPランプも点滅して威嚇します」って機能。マルハマの一部のレーダー探知機に付いてる。
警察署
 その地方地方の警察官の本拠地。
 時々警察署の前で取締をやってますし、パトカー、白バイもそこから出動してくることが多い。(交通機動隊は別に本拠地があることが多いけど)
 セルスター、コムテックの一部のレーダー探知機はお知らせしてくれる。
交通検問所
 まさに検問をするためのスペース。過積載のトラックを取り締まるための大型体重計があったり、速度検問のサイン会場にされる。
 セルスターの一部のレーダー探知機はお知らせしてくれる。
光電管
 一定距離を通過する時間から速度を測定するシステム。レーダーが出ないのでレーダー探知機ではキャッチできない。
 光電管式のオービスはほぼ絶滅したけど、移動オービスや有人取締ではたまに使われてる。
コムテック
 レーダー探知機を作ってるメーカー。今では一般的なカーロケ対応モデルを世界で初めて出した。
このページの一番上へ

 さ行 
サンヨーテクニカ
 レーダー探知機を作ってるメーカー。
シガーライター
 本来はライターになる部分だけど電源を取るために使われることが多い部分。
 普通の車は12Vだけどトラックは24Vなのでトラックに電装品を付ける時は24V対応かどうかの注意が必要。ちなみに新型プリウスにはシガーライターがないそうです。
事故多発エリア
 一般道での事故が多い場所のことで、最近は画面に表示してくれるカーナビもあります。
 セルスターの一部のレーダー探知機は事故多発エリアの近くを通る時に教えてくれる機能があるけど、都市部ではそこいらで言うのでうるさくて、すぐにキャンセルされてしまう不遇の機能。
署活系無線
 警察さんが連絡などに使ってる携帯無線。
 警らでうろうろしてるおまわりさんも使ってるので比較的ガセが多いけど、取締りに使うこともあるそうです。
 一部のレーダー探知機はこの無線をキャッチできる機能がついてる。
消防無線
 消防さんが連絡などに使ってる無線。キャッチしたら消防車か消防署が近い可能性があります。
 ユピテル、コムテック、マルハマの一部のレーダー探知機にキャッチできる機能が付いてる。
消防ヘリテレ無線
 消防さんのヘリコプターが使ってる無線。
 一部のレーダー探知機にキャッチできる機能が付いてる。
白バイ
 速度違反常習者にとっての最強の敵。見えないところから不意に現れ、猛烈な加速であっという間にご用だ!
 一般道で普通の車だとまず逃げ切れない。(ってか逃げないで!)
 夜は安全性の点から取り締まりしないそうです。
新Hシステム
 Hシステムのこと。初めてHシステムが阪神高速に導入された時にHシステムと呼ばれ始めたのですが、その後、全国にHシステムが導入されたときには形が変わってました。そこでその新しい形のHシステムを新Hシステムと呼ぶようにしたのではないか?って話を聞いたことがあります。
新救急無線
 救急車が消防本部との連絡などに使ってる無線。首都圏で使われてるそうです。キャッチしたら救急車が近い可能性があります。
 ユピテル、コムテック、マルハマの一部のレーダー探知機にキャッチできる機能が付いてる。
ステルス
 レーダーを使った有人速度取締の方法の一つで、レーダーを垂れ流しにしないで、測定したい瞬間だけねらい打ちにできる。
 一部のステルス式速度取締機はレーダーが漏れ出てるのでレーダー探知機でキャッチできるけど、ほとんどはねらい打ちされた瞬間のレーダーだけしかキャッチできない。
 なので、レーダー探知機が反応した時には既に打たれて速度を計測された後だったってこともしばしば...
 やっぱり基本ですが、先頭を走る時や車間距離が開いているときは注意です!
セーフティーゾーン
 小学校エリアや事故注意ポイントなど、より安全運転が必要なエリアへの接近をお知らせしてくれる機能。
 事故多発エリアを知らせてくれるレーダー探知機、カーナビはいっぱいあれど小学校エリアまで教えてくれるのは珍しいです。にしても、この機能のあるなしで1万円近く値段が違うのはなんとなく納得できない...
セルスター
 レーダー探知機を作ってるメーカー。取締りポイントの収録数の多さはすごい。
速度切替りポイント
 高速道路の速度制限が変わるところのことで、セルスターの一部のレーダー探知機がお知らせしてくれる。
速度警告板
 オービスの前にあるはずの警告板。
 看板で「速度自動監視機設置路線」って書いてる。この看板を見たらそのうちオービスが現れる。ただ無い時もあるし、逆に警告板なしでいきなりオービスが現れることもある。
速度取締機速度自動監視機
 制限速度を大きくオーバーして走る車を自動で写真撮影する機械。
 通称「オービス」。
ソーラー
 今では一般的になったソーラー電池付きモデル。
 ただGPS機能が付き始めて結構な量の電気を使うようになったので、シガーライターから電源を取らないと機能が制限されたり、すぐに電池切れになる。
このページの一番上へ

 た行 
ダウンロード対応
 専用端末を使ってレーダー探知機のオービスデータを更新できる機能。
 ユピテルity.クラブに入れば携帯かパソコン(SDカード経由)で最新データがダウンロードできる。
 ユピテルの一部のレーダー探知機に付いてる。
ディスプレー
 最近のレーダー探知機はディスプレーがついてて、色んな表示(オービスの方向、時間、速度などなど)をしてくれます。
 ユピテルはEL、コムテックとマルハマは液晶の付いたモデルがあります。
デジタル無線
 警察車両が警察署と連絡を取り合うための無線。
 この無線をキャッチした時は意外と近くに警察さんがいる可能性が高い気がする。
 一部のレーダー探知機はこの無線をキャッチできます。
通過速度ボイス、通過速度通知
 オービスの前を通過する時のアバウトな速度を教えてくれる機能。
 セルスター、マルハマの一部の探知機はボイスで、ユピテルのELディスプレー付きモデルはディスプレーに表示される。
取締りポイント
  (トラップゾーン、チェックポイントゾーン、トラップポイント、ねずみ取りポイント)
 過去に速度取締(速度検問、ねずみ取り、追尾)をしてた場所のこと。
 セルスター、ユピテル、コムテック、マルハマの一部のレーダー探知機は近くを通る時に教えてくれる。
取締無線
 取締現場でよく使われてる無線。その周波数が350.1MHzなので350.1MHz無線って呼ばれたりもします。
取締特小
 取締現場でたまに使われてる無線。ベルト検問、一旦停止検問とかの連絡用に「特定省電力無線」ってのを使うことがあるみたい。
 一部のレーダー探知機はこの無線をキャッチできます。
取り付け位置
 レーダー探知機を付ける位置って結構悩むんですよね。サンバイザーに付けるとランプとか光っても見えないし、フロントガラスに付けると前が見にくくなるし、ダッシュボードに置くと後ろからのレーダー(パトカー追尾)をキャッチできないんじゃないかとか考えてしまいます。
このページの一番上へ

 な行 
ねずみ取り
 警察さんが現場で速度取締機(レーダー、ステルス光電管)を構えて、速度違反をしてる車を待ちかまえてその場で捕まえる取締方法。
このページの一番上へ

 は行 
バイザー
 サンバイザーに付けてもソーラー電池が窓の方に向くようにできてるレーダー探知機のモデル。
パトカー
 警察さんが仕事で使う車。
 一般的にはパンダカラーですが、一目でそうとわからないように普通の車のふりをしてる覆面パトカーも結構います。気が付かないで暴走してるとご用になるのだ!
 普通は後ろを追っかけてスピードを合わせて速度測定をするけど、速度測定のできるレーダー(ステルスタイプもあり)を積んだパトカーもあるそうです。
ヘリテレ無線
 警察さんのヘリコプターの無線。
 一部のレーダー探知機はこの無線をキャッチできます。
このページの一番上へ

 ま行 
マルハマ
 レーダー探知機を作ってるメーカー。無線屋さんとしてやってるくらいなので、マルハマのレーダー探知機は無線受信機能が強い(カーロケを除く)のが特徴です。
道の駅
 地方地方にある休憩所ができて、おみやげ屋があって、食事ができたりする所。
 ユピテルの一部のレーダー探知機は教えてくれるけど、道路に案内看板があるのでわざわざ教えてくれなくても...
このページの一番上へ

 や行 
ユピテル
 レーダー探知機を作ってるメーカー。
 ダウンロード対応で最新データをいつでもすぐに手に入れられるのはユピテルのレーダー探知機だけ。でも探知機の値段が高く、会員料も高い。
このページの一番上へ

 ら行 
リモコン
 リモコンで操作できるレーダー探知機があるんだけど、リモコンを置く場所がいるようになるので正直微妙。なくすと操作できなくなるし。
 そもそもレーダー探知機をそんなに遠いところに置かないよね。
ループコイル
 一定距離の踏み板を通過する時間から速度を測定するオービス
 レーダーは出ないので、GPS付きレーダー探知機のメモリにある分だけしか対応できない。
 昔の機械なのでフィルムで撮影をしてて、ごくたまにフィルム切れでセーフになることがある。
 でも一部では進化してデータを専用回線で警察署に送れるようにしてて、その図体を除けばほとんどLHシステムになってるのもあるみたいです。
レーダー感度
 感度が高ければ高いほど取締機のレーダーを早くキャッチできる。
 Hシステムステルスみたいな「いつレーダーが発信されるかわかんない機械」を相手にするなら、早い段階でわかる感度の高いレーダー探知機のほうが現場に着くまでにレーダーをキャッチするチャンスが多くなるので有利だとハルカは思います。
レーダー探知機
 スピードを絶対に出さない人には無用の長物。
 流れを見て前の車には付いて走るけど、自分が先頭の時はスピードを出さないって人にも無用の長物。
 気が付いたらついスピードが出てるって人には「お守り」としてお持ちください。あくまでもお守りですが、2回に1回くらいは役に立ってくれると思います。
 スピード出したくて仕方がないって人はサーキットに行って存分に走ってください。お願いですから巻き込まないで...
レッカー無線
 レッカー屋さんが使ってる簡易無線。
 セルスターとユピテルの一部のレーダー探知機にキャッチできる機能が付いてるけど、レッカー屋さん以外の色んな業種の人たちが使ってるみたいなので、都市部ではあんまし役に立たない気がする。しかも都市部しかレッカー移動なんてしないし。
このページの一番上へ

 わ行 
項目がないです
このページの一番上へ

レーダー探知機メニュー