Navi-Radar.com カーナビ、レーダー探知機の比較サイト、価格比較、激安検索 Home navi Radar link

 レーダー探知機格付決定戦 
 実験 取締りポイントの場合 
 過去に速度取締(速度検問、ねずみ取り、追尾)をしてた場所を取締りポイントとしてセルスター、ユピテル、コムテック、マルハマの一部のレーダー探知機は近くを通る時に教えてくれます。
 レーダー探知機の基本機能では探知できない取締り方法も多いですが、取締りポイントとして登録されていれば注意して走れば回避できますよね。
 このポイントをセルスターの最高機種は2120個ものポイントを記録してますが、マルハマは650個、ユピテルとコムテックに至っては未発表です。

 で、実際のところ、どの程度教えてくれるものなのでしょうか?実際に走って実験してみました。
 下の表の「確定」ってのは実際にねずみ取り(追尾は計算に入れてません)をしてたことをハルカが知ってる場所での結果です。「総数」ってのはハルカが知らない場所で、レーダー探知機が教えてくれた場所も計算に入れてます。

 結果 取締りポイント 
機種名 メーカー 確定 総数
 SKY-255GR セルスター 20/31
65%
31/46
67%
 SR650i ユピテル 7/31
23%
12/46
26%
SR42e ユピテル 4/31
13%
9/46
20%
GL760 コムテック 4/31
13%
8/46
17%
GPS-471RR マルハマ 1/31
3%
4/46
9%

 考察 取締りポイント 
 前回の実験でもわかっていたことですが、セルスターのSKY-255GRの圧勝でした。
 ユピテルのSR650iとSR42eを比べてみると、ちゃくちゃくとデータが増えてるのがわかるのですが、セルスターに追いつける日は少し遠そうです。
 マルハマの取締りポイントは総数650と発表されてますし、セルスターの約2000個の1/3程度は反応してもよいものですがさっぱりの結果でした。京都、大阪周辺では少し弱いようですが、マルハマの本拠地の首都圏では多いのですかね?
次の「実験 350.1MHz(取締り無線)」へ進む

 実験条件 
 走った場所は基本的に京都市〜大阪府北部になります。
 ちょっとだけ郊外とかも走ってみたんですが、どのレーダー探知機もあんまり反応してくれなかったので、ほとんどデータに入れようもなかったです。特に京都から知多半島に行った時に、京都を出たら途中全く反応しなくなったのはちょっとショックです。このルートは取締りの頻度が少ないだけ?それともみんな田舎に弱いの?
 まあ、追尾取締りの多い名阪国道でも全く反応しなかったので、追尾での取締りはほとんど登録されてないんでしょうね。

京都〜知多半島のルート : R24〜R163〜R25〜東名阪〜伊勢湾岸〜知多道路、もちろんオービスには反応しましたよ。
名阪国道 : 奈良〜三重を結ぶ片側2車線の高速道路のような一般道路です。国道25号線。60km/s制限だけど追い越し車線の平均は100km/sオーバーの危険な道路。

 レーダー探知機 格付決定戦メニュー 
エントリー Hシステム カーロケ 取締りポイント 取締り無線 格付計算 まとめ