Navi-Radar.com カーナビ、レーダー探知機の比較サイト、価格比較、激安検索 Home navi Radar link

 レーダー探知機格付決定戦 
 実験 Hシステムの場合 
 今回の実験もレーダーを出すオービスから実験開始です。そんなわけでHシステムに会いに阪神高速環状線に行ってきましたよ。さてさて結果は〜?

 実験条件はこのページの下にあります。(前回条件とほとんど同じです。)

 結果 Hシステム 
機種名 メーカー 結果その1
直線2km
結果その2
コーナー後200m
結果その3
コーナー後500m
結果その4
コーナー後400m
 SR650i ユピテル 900〜1600m 300m 500〜550m 600〜700m
 SR42e ユピテル 900〜1400m 300m 500m 600m
CL-G573S サンヨーテクニカ 900m 250m 550m 550〜600m
SKY-255GR セルスター 800〜900m 200m 500m 450〜600m
GL760 コムテック 850〜900m 250m 450〜500m 450m
GPS-471RR マルハマ 700〜900m 250m 500m 400m
GP-930CL コムテック 500〜850m 250m 300〜500m 400m
SRM-24 ユピテル 850m 250m 500m 500m

 考察 Hシステム 
 直線での結果(その1)は前に車が走ってたりしたしたせいで少しばらついていますが、ユピテルのスーパーエキストラ感度(感度☆×5)の2機種(SR650i、SR42e)が頭一つ出てますね。他のレーダー達はほとんど同じ程度の反応をしてます。安物代表のユピテルSRM-24(感度☆×3)は今回も健闘してますが、コムテックのGP-930CLは途中鳴りやみそうになったりしたので少し減点です。

 直角コーナー直後のオービス(その2)ですが直角コーナーの途中から鳴り始めました。この結果でもスーパーエキストラ感度の2機種少し早く鳴り始めてます。

 おニューのHシステム(その3)の場合もビルの陰からでて直角コーナーに入り始めたあたりで鳴り始めました。コムテックのGP-930CLは今回も途中うさんくさい鳴り方になったのでまたもや少し減点。

 少しの曲がりくねりの後のHシステム(その4)ですが、今回の実験では曲がりくねった道路の先のオービスのレーダーをユピテルの2機種SR650iとSR42e、セルスターのSKY-255GRはキャッチしました。

 結論としてはどの機種も十分に手前で反応したので、Hシステムに対しては必要十分な機能を持ってると言えるでしょう。
 ただ今回の実験は感度設定を高い設定条件でやってますので、感度が低い状態ではこれほどの反応はしません。特に安物代表のユピテルSRM-24はC(シティ)モードに設定しているとHシステムの200m手前ぐらいでないとうるさく鳴らなかったりすることもあります。
次の「実験 カーロケ」へ進む

 実験条件 
 GPS機能が付いてるレーダーでGPS機能がOFFにできるものは機能をOFFにしました。(ユピテルだけできないのです)
 というのも、サンヨーテクニカとかマルハマの機械はGPS機能を優先してレーダーの警告をキャンセルするからです。日頃はピコピコうるさくなくていいんですが今回は測定できませんので。

 測定実験の時はレーダーを1個ずつダッシュボードに載せて、そのレーダーだけの電源を入れて測定してます。レーダー探知機を近づけて置くと干渉して誤反応することがあるみたいなので。

 前に車(特に大きなトラック)がいるとレーダーが邪魔されてしまいますので、なるべく車が少ない時間帯で実験しました。今回は朝6時ぐらいに実験したので結構車が多かったです。

 警報(ピコピコ音)が鳴り始めた地点を測定して結果としました。誤報っぽい鳴り方のは結果としませんでした。
 実験その1
 1号環状線から14号松原線へと進む南向きの路線で、夕陽丘入り口そばのHシステム。昔はレーダー式でしたが今はHシステムに変えられてます。
 ここは2km以上の直線が続いた後ですので距離を計るのに一番です。
 阪神高速環状線Hシステム位置図 
 実験その2
 1号環状線と14号松原線が合流したあとの直角コーナーとなんば出口直後のHシステム。直角コーナーからは200mです。
 実験その3
 1号環状線と11号池田線が合流した直後の北浜出口付近のHシステム。
 環状線側から合流するとビルの合間を抜けた直後の直角コーナーを抜けた先になります。コーナーからオービスまで500mです。
 最近できたばっかりですが最新のSR650iだけはさすがにGSP情報として登録されてました。
 実験その4
 1号環状線と13号東大阪線のジャンクション直後のHシステム。
 環状線側から走ってくるとジャンクション部分で微妙に曲がりくねってて、レーダーはジャンクションの手前には届いてないみたいです。ジャンクションからオービスまで400mです。
次の「実験 カーロケ」へ進む

 レーダー探知機 格付決定戦メニュー 
エントリー Hシステム カーロケ 取締りポイント 取締り無線 格付計算 まとめ