Navi-Radar.com カーナビ、レーダー探知機の比較サイト、価格比較、激安検索 Home navi Radar link

 レーダー探知機最強王決定戦 
 実験 まとめ 
 というわけで「レーダー探知機最強王決定戦」だなんて張り切って始めたこの企画ですが決められません!
 というのも「レーダー感度」はユピテルSR42e、「取締りポイント」はセルスターSKY-255GR、「取締り無線の感度」はマルハマGPS-471RR、「バランス」のサンヨーテクニカCL-G573S。どれもそれなりの個性があるので決めきれないですよ。
 コムテックは最新機種で勝負してたらきっと結果が変わってたでしょう。すこし不公平なことをしてしまいました。特にGL760はカーロケの感度がいいって噂ですので、機会があればカーロケ受信対決なんかもしてみたいです。
 ユピテルもアップデートすればもっと「取締りポイント」ではがんばれるかもしれません。

 このなかであえて選ぶなら取締りポイントの多いセルスターSKY-255GRでしょうか。最初から危険なところは警戒しておけば問題ないですし、危険なポイントの約80%はカバーしてるような感覚です。(ハルカの行動エリアに限るかもしれませんが)
 余裕のある方はユピテル、セルスター、マルハマのレーダー探知機を揃えてみてはいかがでしょうか?きっと最強です。もっともこれだけ揃えても、前例のないポイントで前に誰も走ってない状況でステルスを構えて待たれると対応のしようがありませんが。

 次回予告? 
 何となく今回の実験は消化不良気味に終わりました。こんなのじゃ納得しない!とハルカは実験第二弾を計画しました。
 とりあえずコムテックとユピテルの最上位機種も参加させて、今度はカーロケ受信感度も評価対象にして真の最強決定戦とかしてみたいです。
 んとまあ、まずなんとかしてコムとユピの最上位機種を手に入れねば...

 というわけで(?)、2回戦の結果はこちらです。→ 「レーダー探知機格付決定戦」

 実験 補足 
 ねずみ取りで捕まるのは先頭車両だけ? 
 「ねずみ取りで捕まるのは先頭車両だけ」って話はよく言われてる話です。これは先頭車両しか速度が計測できないからです。
 ですが今回、取締り無線でこんな声が聞こえてきました「追い越し車線の2台」。
2台? そうなんです。ぴったりと同じ速度で走ってる場合で、サイン会場に空きがある場合は2台まとめて捕まえてしまうことがあるみたいです。
 あと「追い越し車線の一番後ろ」とか「追い越し車線後ろから3台目、追い上げ」とか聞こえてくるのです。前に車がいても車間が多少開いてるとか、追い上げとかは遠慮なく捕まえてるみたいでした。
 取締り現場ではたとえ前に車がいてもおとなしくしてるのが一番だということですね。
 ちなみに「ノーヘルの原付」ってのもありました。
 対向車がパッシングで教えてくれる? 
 対向車線で検問をしてるのを見つけた車が、対向車にパッシングをして検問の存在を教えてあげるって話をよく聞きます。実際にハルカの友達もそれで助かったって言ってましたし。
 でも、そんなに親切な車って多いですか?ハルカの時は教えてくれませんでしたよ。

 今回の実験と別の機会で見てた感じでは20台に一台いればいい方でした。もちろん京都、大阪近辺のドライバーが不親切だって考え方もあるのでしょうが、思ったよりもみんな教えてくれません。
 もう少し交通量の少ないところだったら教えてくれる確率は上がるのかな?もっとも数が減ればそれはそれで教えてもらいにくくなるんだけど。
 一つ戻る 

 レーダー探知機最強王決定戦メニュー 
はじめに エントリー機種 Hシステム 取締り現場 取締りポイント