Navi-Radar.com カーナビ、レーダー探知機の比較サイト、価格比較、激安検索 Home navi Radar link


 なんでもカーナビランキング 
 2006年モデル達を色んな角度から比較評価(過去のモデルからの想像込みですが)してみました!

 とにかくキレイなの! 
 もう最近は各社VGAモニターを採用しているので「VGA」ってだけでキレイとは言えなくなってしまいました。とりあえずハルカ流に理由を付けてランキングしてますが、実際は現物を見て自分の感覚に合った物が一番だと思います。
第1位 Panasonic CN-HDS960TD/940TD/910TD
 元祖VGAと言えばパナナビ。DVDナビが本流だった頃から作り続けてるだけにパナのVGAには歴史があります。
 地上デジタルチューナーも標準で付いてきますしテレビもキレイに見れます。
第2位 carrozzeria AVIC-VH009(MD)/ZH009/XH009
 今年からVGAモデルを投入したカロサイバー。もともとVGAでない頃から地図は見やすかったんだけど、VGAになってもっと見やすくなりました。地図表示も「マップイコライザー」で自分好みの地図表示に変えられますしね。
 別売りだけどカロの地上デジタルチューナーは写りが良いと結構評判が良いそうです。
 あとDivXにも対応したのでパソコンに録画した動画とかをため込んでいる人には便利かも。
第3位 ECLIPSE AVN8806HD/AVN7706HD
 VGAナビとしてはパナナビの次に歴史を持ってるイクリナビですが、キレイと言えばキレイなんですが他のナビと比べて何となく控えめに写ります(悪く言えば地味)。まあパナとかカロの地図の配色が気に入らないって人には控えめなイクリナビはぴったりかも。
次点 Clarion MAX960HD/MAX860HD
 今年からVGAを投入してきたクラリオン(アゼスト)。去年モデルの地図はなんとなくぼんやりと見にくく、配色もわかりにくかったとハルカは記憶してますが、今年モデルはずいぶんスッキリと洗練されて登場してきました。結構いい感じです。

 やっぱナビとしての質でしょ! 
 今時のナビは渋滞考慮ルート検索ができて当たり前になってきましが、そのデータの量と質と、その使いこなし方には各社工夫しているみたいです。どのデータがどれだけ役に立つかは実際に走ってみないと分かりませんし、一長一短あると思いますので細かいことは気にしない方がいいかもしれませんね。
 とりあえず渋滞情報データ量と案内関係の各モデル比較をしてみました。
メーカー モデル 抜け道
検索
道路交通
センサス
時間軸
渋滞考慮
天候考慮予測 出発時間
指定予測
オン
デマンド
VICS
大型施設
駐車場案内
ECLIPSE AVN8806HD
AVN7706HD
AVN6806HD
AVN6606HD
19万km分 初期探索時
15分単位
× × × ×
carrozzeria AVIC-VH009(MD)
AVIC-ZH009
AVIC-XH009
AVIC-H009
× × 通信時は自動。
自分で入力も
可能。
ドライブ
プランナー
で到着時間
指定も可能
通信時
のみ
駐車場の
入り口を
自動記憶
Panasonic CN-HDS960TD
CN-HDS940TD
CN-HDS910TD
× × FM多重で自動
自分で入力も
可能。
可能 × ×
Clarion MAX960HD
MAX860HD
表示
だけ
× × × 指定時間の
前後2時間
の比較が
可能
× 専用駐車場
を案内
(1700件)

 音がいいナビは? 
 このテーマはハルカにとって非常にムズカシイです。なんといってもハルカはCDとMDとMP3を聞き比べて差がわからなかった子ですから。そんなわけで各モデルのカタログスペックで勝負してもらいました!
メーカー モデル SN比 高調波歪率
carrozzeria AVIC-VH009(MD)
AVIC-ZH009
101dB 0.008%
KENWOOD HDV-770 97dB 0.008%
ECLIPSE AVN8806HD
AVN7706HD
AVN6806HD
AVN6606HD
90dB 0.01%
Clarion MAX960HD
MAX860HD
90dB 0.02%
Panasonic CN-HDS960TD
CN-HDS940TD
90dB 未公表
Clarion MAX760HD 85dB 0.1%
 カタログスペックだけで音を語るわけにもいかないとは思いますが、新サイバーナビは音がいいと評判のKENWOODのHDV-770のさらに上のスペックとなってます。
 まあこれだけのスペックがあってもスピーカーがダメなら全然生かせないのですが...

 地図のいいナビは? 
 このテーマはネット上では時々言われてることなのですが、

トヨタマップマスターゼンリン)> 昭文社インクリメントP(パイオニア)

 という順番で、特にインクリメントPの地図は田舎に弱いって言われてます。
 ホントにそうなの?と思ってハルカは色々調べてみたのですが、どうも「そうとも言えないぞ」というのがハルカ的な結論です。
 この件についてはデータをきっちり取って検証をしてみたいと思ってますが、ハルカのお気に入りの場所を8ヶ所、ど田舎からやや都会までで色々見比べててみた感じとしては「ナビによって情報の多い場所と少ない場所がある」ってことで、ハルカにはどのナビも甲乙つけがたいってところでした。

 たとえば、ゼンリンの地図の発祥の地の大分県別府のすぐそばの湯布院の地図はパナがぶっちぎりで良かったですし、次はケンウッドとソニー(ただし25mスケール以下、逆に50m以上のスケールはすっかすか)、他のナビはどっこいどっこいでした。
 ところが、夢千代日記の舞台として知られる兵庫県温泉町湯村温泉(知らない?)はパナが一番情報が少なく、そのほかのナビは及第点といったところでした。
 奈良県の秘境、十津川温泉では一番良かったのがアゼスト。インクリメントPから買った地図に独自に情報を入れてるんですね。

 結論としては「ココだけは!」って所の地図を見比べてみて、思ったより差がないならどのナビを選んでも後悔まではしないと思います。

 このあたりについては「カーナビ対決 カロVSパナ 2006夏」で色々調べてみてます。ご参考にどうぞ。

ナビタイプ別価格比較表
アルパイン カロッツェリア クラリオン イクリプス ケンウッド パナソニック サンヨー ソニー 三菱電機

カーナビメニュー