Navi-Radar.com カーナビ、レーダー探知機の比較サイト、価格比較、激安検索 Home navi Radar link

カーナビ対決 パナVSカロ 2006夏
実走対決 ルート1
 実走対決は当然ではありますがハルカの生活圏の京都、大阪周辺エリアでしてます。他のエリアの方は地名とか道路名とかピンとこないかもしれませんがご容赦ください。

 さてスタートは京都府大山崎町の名神高速と京滋バイパスの合流点、大山崎ジャンクション近くの下道からです。

 大山崎と言えば「天下分け目の天王山」のフレーズで有名な天王山のふもと。戦国時代には羽柴秀吉と明智光秀の決戦がこの地でされたわけですが、今回のカーナビ対決でも対決のスタート地点としてふさわしいと思ったわけです。

 はたして、今回の対決で「天王山」を制したのはどちらのナビでしょうか?!
(注)
 この実走対決はルート1からルート14までの14部構成となっております。一つ一つ見ていくだけでも大変ですし、それほどおもしろくないかもしれません。結果だけ知りたいと思われる方、見てて疲れた方、飽きちゃったかたは「まとめ」だけをご覧ください。
いちいち見てられないので「まとめ」へ進む

 ナビ装着車両 
 カロナビの装着はトヨタ・アルテッツァです。カロ・アル号と呼ぶことにします。
 アルテッツァって車自体は快速仕様の車ですが、今回の対決では飛ばさないです。相手が付いて来れないのもナビ勝負ではなくなりますし、この車ってレーダー探知機も付いてませんし。

 ナビとしてはVICSビーコンユニットを付けて、渋滞予測ルート検索は標準設定でONに設定されてます。ルートイコライザーは標準設定のままいじってません。
 パナナビの装着はトヨタ・セラです。もう十数年前に生産中止になったクルマですが、この特徴あるドアとリアハッチはいつ見てもすごいです。
 そんな十数年前のクルマのセラに最新ナビを付けて地デジ生活ですよ。なんかすごい組み合わせ。

 ナビとしてはこちらもVICSビーコンユニットを付けてますし、標準設定では切られている渋滞データバンク考慮ルート検索もONに変更。渋滞回避マシーンとしての準備は万全で、カロナビとの対決準備完了です!

 ルート設定 ルート1 
 ルート1の目標地点は京都市西京区大原野の洛西団地内の洛西中央緑地としました。

 この目標はとりあえずの小手調べって意味もありますが、次のルートで京都市内横断をするためのスタート位置を取る目的もあります。

 ルートとしては幹線道路の国道171号から住宅地の間を抜ける府道を使って目的地に行くことになります。

 ポイントは国道171号の渋滞と、何本かある府道の内どれを使うか、と言ったところです。

 初期案内 ルート1 
 パナ・セラ号のルートは国道171号を上植野交差点まで走り、府道203号を西へ。一文橋交差点を北へ曲がり、向日町郵便局前で左折し、府道205号線で洛西団地近くまで行くルート。ルートとしては至って順当なルートだと思います。

 対してカロ・アル号のルートは国道171号を上久世交差点まで走り、府道201号線でまっすぐ西へ走って洛西団地まで行くルート。国道171号さえすいていれば距離的に少し不利ですが快適ルートと言えます。

カロ・アル号視点  実走 ルート1  パナ・セラ号視点
 仲良く走り出して2分もしないうちにカロ・アル号はルートアドバイザーが新ルートの案内をし始めました。この日の国道171号は空いてたので渋滞情報を拾ったわけでもなさそうなんですが、距離も時間も減るとのアドバイスですので素直に従うことにしました。
 結局カロ・アル号はパナ・セラ号と同じ上植野交差点を曲がることになりました。
 最初の予定と違って同じルートを走ることになってしまい、同じ上植野交差点を曲がった2台です。
 このまま同じルートを走ってもらってもおもしろくないなぁ、と思ってたらパナ・セラ号が曲がる一文橋交差点でカロ・アル号は直進。余計な心配しなくてもちゃんと違う道を選んでくれます。
 なかなか勝負という物を分かってるナビ達ですね。
 一文橋交差点を直進したカロ・アル号はそのまま直進して、長岡天満宮前を通る通称「文化センター通り」まで到着。
 どうもこのあたりの道はここ最近に開通した道みたいです。

 この後は通称「文化センター通り」を北上して、途中センターラインの無い微妙な道を通りながら、洛西団地内を流れる小畑川まで到着。ここまで来たら目的地はもうすぐ!
 一方、パナ・セラ号は初志貫徹。向日町郵便局前を通り、上川原交差点を左折し、府道205号から竹の里本通りに入る交差点で左折し、洛西団地内へ。
 ルートとしてはカロ・アル号と違ってセンターラインのある幹線道路を選んでますので、順当と言えますが、対決としては少し車が多いのが気になります。

 結果 ルート1 
 1分差でカロ・アル号の勝利でした!!
 と言ってもセンターラインの無いすれ違いに少し気を使うような道に案内されて、走行距離も長いしで、これでたったの1分差と言うのを勝利と言っていいのかどうか...
10:05 発 初期案内距離 予測所要時間 到達時刻 所要時間 走行距離 平均速度
カロ・アル号 11.8 km 20 分 10:25 20 分 9.8 km 29 km/h
パナ・セラ号 9.0 km 26 分 10:26 21 分 9.0 km 26 km/h
次の「ルート2」へ進む

 カーナビ対決 2006夏 実走対決メニュー 
< 対決TOP          10 11 12 14 まとめ >