Navi-Radar.com カーナビ、レーダー探知機の比較サイト、価格比較、激安検索 Home navi Radar link

カーナビ対決 パナVSカロ 2006夏
実走対決 ルート10
 次の目的地はできたて空港の神戸空港にしました。

 ルートのポイントとしては普通に阪神高速3号神戸線を使うのか、神戸線の渋滞(あれば、ですが)を避けて湾岸線を使うのかでしょう。

 初期案内 ルート10 
 両ナビ共に素直に3号神戸線を選びました。
 東行きの神戸線は行楽帰りの車で渋滞してるようですが、西行きは渋滞してないようので湾岸線を使うメリットが薄いんでしょう。
 ハルカは湾岸線の方が景色が綺麗なので好きなのですが、ハーバーハイウェイ(有料:200円)を使わないとポートアイランドにはすんなり入れないですし、距離も少し遠そうですから、その辺がナビにはルートとして選ばれない理由なんでしょう。

 あとはポートアイランドに入る手段と、島の中の道の選択の違いがあるかどうかでしょうか?

カロ・アル号視点  実走 ルート10  パナ・セラ号視点
 2台とも仲良く西宮ICから阪神高速神戸線入りです。
 両ナビ共に都市高速の入り口は凝った表示で案内がわかりやすくなってます。

 でも、ちゃんと夜表示になってるし、標識まできっちり書き込まれてるパナナビのほうが見やすいですし、綺麗です。
 阪神高速神戸線からは2台とも生田川ICで降りました。

 しかし、ここで地図の鮮度の違いが2台の運命を分けます。生田川ICを出た直後の交差点をカロ・アル号は右折して、神戸港港島トンネルを通って神戸空港まで一直線!

 対して、パナ・セラ号は生田川ICから直通の道路が地図にないのでルート案内できずに、遠回りの神戸大橋経由のルートになってしまったのです。
 右写真は帰り道に通った時のものです。道ないし...この道路はどうも去年の11月には開通してたっぽいです。

 結果 ルート10 
 4分差でカロ・アル号の勝利です!
 地図の鮮度の違いが勝敗を分けましたね。田舎の施設数の少なさはインクリメントPの地図を使うカロナビの弱点の一つですが、都心部では負けないってとこでしょうか?
19:37 発 初期案内距離 予測所要時間 到達時刻 所要時間 走行距離 平均速度
カロ・アル号 23.5 km 37 分 20:07 30 分 24.2 km 48 km/h
パナ・セラ号 24.1 km 44 分 20:11 34 分 24.9 km 44 km/h
次の「ルート11」へ進む

 カーナビ対決 2006夏 実走対決メニュー 
< 対決TOP          10 11 12 14 まとめ >